07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラモデルに転写シールを使ってみる♪

2013年 10月01日 22:23 (火)

こんばんわ~

先日少し触れた転写シール。
以前使った際も詳しく書いていなかったので、せっかくなので紹介。

sai 24
今回の題材はこちらのSAI。
十分かっこいいと思っていますが、やはりもうアクセントが欲しい♪

sai 25
転写シール自体はA-oneのものです。
エディ○ンでポイントで買いました。(厳密には買ってもらいました爆)
A4サイズですが、ハガキサイズくらいに切ってから印刷し、必要部分だけ切りました。
使用したソフトは筆王です。年賀状作るソフトですね(笑)
これなら画像(デカール)を好きな部分に移動しやすくて、無駄部分も減らしやすいです。
さらに画質も良好で小さい文字もハッキリと読めます。
sai 26
ノリも同じサイズに切ってから貼ります。
しっかり貼り付けます。
sai 27
うっすらですがデカールの様子が見えるので、それを参考に切り出します。
先にカットするべきでしょう。
sai 28
そしてフィルムを剥がします。
この際も、ちゃんとノリが印刷側にくっついていることを確認しながら慎重に…
sai 30
そして貼り付けます。
台紙がごつい上に微調整も厳しい。
貼る前に必ず当てて場所確認。
そう考えると痛車には向いていません^^;
あと、強くこすると剥がれてしまうので、ご近所さんはまとめてやるべきではないでしょうか。
sai 31
スポイトを利用して新鮮な水を垂らします。
そして少し放置。
sai 32
焦らずゆっくりスライド。
20~30秒ほど待っていれば十分です。
ボディが浮いている部分があればしっかり貼り付けておきます。
デカール自体は薄いので違和感ありません。
sai 33

こんな感じ♪

少しでも参考になった方がいらっしゃれば幸いです。



スポンサーサイト

スライドドアを作ってみよう

2013年 07月19日 22:28 (金)

お次はスライドです。

elgrand 71
まずはレールの制作。
elgrand 72
1ミリあれば十分です。
elgrand 77
限界明けた状態で、どの位置にくるかをチェックし、取り付ける場所を確認。
elgrand 78
付ける時は閉めた状態で取り付け。
そして乾いてからほどよい長さにカット。
リアは閉めた時のロック用です。
これがあるだけでわりと違います。

elgrand 73
こちらボディ腹のレール。
開け過ぎないようにするのがコツ。
フックを補足するのもコツですが、細すぎると折れちゃいます。
そしてボディがぐらつくために、このように補強用パーツを制作。

elgrand 120
お次はフック。
強度や開け閉めのしやすさを考えると、脱着式が無難かもしれません。
これをドアにつければ完成です。

elgrand 104
こんな感じ♪

慣れれば楽です。
サンルーフが付いていると、下手すると↑のフックが見えちゃうので、あまりお勧めはできませんね。

シザードドアを作ってみる

2013年 07月17日 22:15 (水)

管理人はまだまだアマチュアなので、ベテランさん方々には及びません。
その点承知の上で御観覧ください。
まぁ参考程度に・・・

elgrand 88
まずはドアをボディに止めて、大体の軸になる場所を捜索。
elgrand 89
理想はこの辺りですかね。
こうした部分が軸となるようヒンジを作っていきます。

elgrand 90
まずはドア側のヒンジ。
結構負荷がかかるので、太めにして二重にし強度を増やします。
elgrand 92
ボディ側のヒンジは出来るだけ麺を広くします。
その方がドアを開いた際に安定しやすくなります。
elgrand 93
そしてボディにつけやすくなるように加工していきます。
これでもちょっと厚かったですかね。
厚みはその車に合わして作るのがベストです。
大体3mmくらいが多いですかね。
elgrand 94
そしてボディに取り付け。
開けた時の格好が一番バランスの良い場所を見付けたらそこに装着。
なので最初のターゲットとはだいぶずれる事もあります。
また、ちゃんと開け閉めできる場所につける事も大切ですね。

elgrand 95-2
シザードを作る際のコツが軸の傾きデス。
水平に近いほど真上に開き、垂直に近いほど横に開きます。
また、傾きを工夫すればバタフライ型も可能です。
※完成の際には軸のはみ出ている個所をカットします。

elgrand 99
今回は約30°程度でしょうか。
ちょうどいい感じになったのではないかと。

20130717.jpg
参考までに。
60°くらいだとこんな感じに。

以上です。

ドアギミックを作ってみる

2013年 07月16日 23:10 (火)

管理人はまだまだアマチュアなので、ベテランさん方々には及びません。
その点承知の上で御観覧ください。
まぁ参考程度に・・・

まずは加工前の準備を。
elgrand 50
今回の場合はとりあえずスカート部分のみ。
中のフレームを先に作っておきます。
先に作った方がサイズが合います。

elgrand 51
ある程度準備完了したらドアカット。
前後まとめて切り取った方が綺麗に行くのではないかと思っています。
細い場所から順番に切って行けば折れにくいです。
カッターを根気よく何度も何度も通せば、そのうち裏まで貫通したり筋が出てきます。
筋が出てくれば裏から行けば楽になります。
ずれたら切り口が汚くなるので気をつけましょう。

elgrand 52
先に内フレームを作る理由の一つがコレ。
ボディが非常に不安定。
こんな中寸法とっていたらずれるだけでなく、ボディが壊れてしまう最大の原因です。

elgrand 76
管理人は雰囲気タイプなので、フレームの方とはこだわっていません。
適当にプラ板積んで、削って、パテを持って形を整えればおkだと思います。
こだわる方はネットや実写でしっかり資料を集めることでしょう。

elgrand 67
内装パーツも綺麗にカットすればおkです。
内装パーツは比較的やわらかい事が多いです。

elgrand 81
ボディと組んでから、場所の確認したら、そのまま仮止めしましょう。
その状態で隙間を埋めます。
マスキングで型を取って切り出す方法が一番だと思います。
パテでも問題はありませんが、重くなります。
ガルウィングする場合は出来るだけ避けた方が良いかと。

elgrand 114
合体して、ちゃんとハマるか入念にチェックしましょう。
特にヒンジ部分。
ヒンジと内装(特にダッシュボード)が干渉して入らなくなってしまいます。
どこが干渉しているのか細かくチェックし、必要な部分のみカットするのがポイントですかね。

elgrand 102
elgrand 104
雰囲気が出たので管理人は良い事にします(爆)
ガルウィング(シザードドア)のヒンジはまた後日更新します。

※題材がまだ完成してないので、型が綺麗に整っていないなど見苦しい個所が多々ありますが、ご了承を。

全身ラッピングを面白おかしくやってみる

2013年 03月30日 23:07 (土)

最近FC2が重いのは俺だけか?^^;

ネタでちとやってみよう~と思い立ったのでやってみた(笑)

ls 14
某百均にあるメタリックテープを使ってみる。

ls 15
まずは貼らない部分にマスキング。

ls 16
べったり(笑)

ls 17
そしてパーツの区切りの部分にカッターを入れ、マスキングごと剥がせば完成~

ls 18
ぶれてますねー(笑)
1枚/1パーツで貼って行くのが綺麗に見せるコツではないかと思います。
ドライヤーである程度温めた方が良いかもしれませんねぇ~
またやってみますw

al 4
al 5
おそらくこっちはもうやらない^^;





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。